急に貧血の症状を感じるようになってしまった40代女性の写真40代の主婦です。私の貧血の症状は、まず頭痛から始まります。

左右両方のこめかみの辺りが「チリチリ」と痛み出したら貧血の合図です。

この時点で鎮痛薬を飲んでおかないと、後から飲んでも効かなくなるほどひどい頭痛に変化していきます。その時は「ズクン、ズクン」と脈打つようなリズムの痛さで、こめかみに心臓があるのではないかと思うほどです。

横になっていても、痛すぎて寝返りがうてなくなります。

頭痛が治るのに静かに横になっていたとしても数時間は要していると思います。

あまりにひどい頭痛なので、吐き気を催す事もあります。実際に吐いてしまう事もしばしば。

また、体温が急に低くなってしまうので、立っていられなくなる時があります。

足腰に力が入らず、どんなに頑張っても立ち上がれないのです。

初めて貧血で体温が低くなった時は、自分の体に何が起きたのか分からずに、パニックになりました。

その時の体温は大体35度前後になってしまいます。通常は36度以上はあります。

手先が冷たくて、顔が真っ青になっていることで「ああこれは貧血の症状かもしれない」と気づきました。

そもそも貧血は高校生ぐらいから発症しており、頭痛とは長いお付き合いなので対処法はなんとか思いつくのですが、体温がさがる現象は30代後半になってからでしたので、貧血の症状と気づくのに少々時間がかかりました。

年齢によって症状は変化するものなのでしょうか。

このまま悪化の一途をたどるのも良くないなあと思いまして、最近は貧血対策を取るように心がけています。

手軽なところで、鉄や亜鉛のサプリメントを摂取しています。

サプリでしたら小粒ですぐに飲めますし、好き嫌いなく摂取できるのでオススメです。

また月並みですが、レバーやほうれん草などの鉄分が多く含まれている食べ物も積極的に摂るようにしています。

私の場合は生理前が特にひどくなりますので「そろそろくるかな?」と思い始めたらこれらを食べるようにしています。

おかげさまで頭痛は相変わらずなのですが、体温が極端に低くなる症状は治っているので、このまま食生活に気をつけて体質改善に努めたいと思っています。