ブロードウェイ・ミュージカル『キンキーブーツ』〈来日版〉、10/5(水)〜30(日)東急シアターオーブにて公演! チケット発売中!

NEWS

2016.9.27

ドラァグクイーンのエスムラルダさんからメッセージ到着!

『キンキーブーツ』劇中でノリノリのショー場面を牽引するローラ&エンジェルス。彼女たちは、ロンドンの「ブルーエンジェル・ナイトクラブ」を毎夜湧かせるドラァグクイーンという設定。でも「ドラァグクイーン」ってどんな人たち…?

そこで今回は、メディアや女性誌のコラムなどでも活躍中のエスムラルダさんに『キンキーブーツ』への応援メッセージをいただきました!

***

アタシがドラァグクイーンを始めたのは、大学生のころ。当時、ニューヨークで「RuPaul」というドラァグクイーン(現在も大活躍中)が人気を博していると知り、友人のブルボンヌさんたちと「ああいうの、やってみたいねー!」と盛り上がったのがきっかけだったの。それから20年以上の年月が流れ、今やアタシも40過ぎ。こんなに長く続けることになるなんて、思いもしなかったわ……。

それにしても、ドラァグクイーンたちは、みんな本当にユニーク。ゲイの多くは、恋愛相手に「男性性」を求める傾向が強いので、本来、「女装する」というのは、ゲイの中ではもっとも「モテ」から遠い行為なの。それでも「モテなんか関係ねえわッ」と言わんばかりの勢いで、あんなメイクしてあんな格好してあんなショーをするくらいだから、とにかく、自分の価値観というものがはっきりしているのよね。「良識」は、もしかしたら人並み以上にあるかもしれないけど、誰かが勝手に考えた「常識」を、何の疑いもなく振りかざしたりしない。お互いに仲はいいけど、必要以上にベタベタしない。そんな人が多い気がするの。

って、身内のこと褒めまくって、すごく気持ち悪い文章になっちゃったけど、『キンキーブーツ』に登場するローラやエンジェルスも、とても魅力的だし、「男装」すると妙におとなしくなっちゃうところなんて、結構リアル。みなさん、ぜひ劇場に足を運んでちょうだい!

《エスムラルダ》
Esmralda

***

エスムラルダさんのオフィシャルサイトTwitterはこちら!

チケットの購入はこちら

Webから購入

(いずれもPC・スマートフォン共通)

電話でご購入

03-3477-9999

◆ Bunkamuraチケットセンター<オペレーター対応 10:00~17:30>

0570-00-3337

◆ サンライズプロモーション東京<全日 10:00~18:30>